2021/05/312021/09/15
ONLINE SHOP ONLINE SHOP

ゼロミートが、毎日おいしく食べられる5つの理由

コラム

2021.05.31

「お肉みたいで、おいしい大豆!!」ことゼロミート*には、毎日の食卓に並べてもらうためにたくさんの工夫やこだわりが込められています。

大豆といえば古くから日本の食卓に欠かせない食材のひとつですが、「大豆ミート」もそこに加わるくらい新しい選択肢として高いポテンシャルを秘めているんです。

* 本製品は大豆加工食品を使用しています。

理由1:ゼロミートなら、とにかく簡単

大豆ミート食品にはさまざまな販売方法がありますが、ゼロミート(ハンバーグ、ソーセージタイプ、ハムタイプ)はいずれも、手軽に簡単に食べられるようになっています。

たとえばゼロミート ハンバーグ(デミグラスタイプ、チーズインデミグラスタイプ)は、袋のまま立てて電子レンジに入れてチンするだけ。購入時から蒸気口が付いているので、封をカットしたりお皿に移してから温める必要がありません。もちろん袋のままボイルしてもOKです。

ソーセージタイプも同じく電子レンジでチンしたり、ボイルやフライパンでお肉のソーセージと同じように調理するだけ。ハムタイプも普通のハムと同じようにサラダやサンドイッチに入れて楽しむことができます。

忙しくて時間がないときや、気軽に普段の食事に大豆ミートを取り入れたい人にぴったりなんです。

理由2:「朝、昼、夕」で活躍する3ラインアップ

上でも登場した通り、お肉不使用のゼロミートにはハンバーグ(デミグラスタイプ/チーズインデミグラスタイプ)、ソーセージタイプ、ハムタイプの3つのラインアップがあります。

いずれも食卓の定番食材なので、朝食に添えることもできれば、昼食の一品にできたり、夕食のメインに加えることも可能です。もちろん、お弁当や在宅ワーク中のランチにも便利ですし、夜食やお酒のお供にしたり、小腹がすいたときの健康的なたんぱく質として間食する、といった選択肢もあります。

ゼロミートなら、1日の幅広いシーンでおいしく大豆ミートを食べることができるんです。

理由3:大豆だから、すっきりおいしい!

大豆を原料にしているゼロミートの特長として、お肉を使った普通のハンバーグやソーセージと比べて、すっきりおいしくいただけるというポイントが挙げられます。

腹持ちが良いわりに胃もたれはしづらいので、トレーニングメシやお腹が空いた時の間食としても相性抜群。カラダへの負担を抑えながら、しっかり満腹感を高めることができるんです。

理由4:140gのボリューム感で食べ応え満点

食生活のコントロールやダイエット目的で大豆ミート食品を手にする人は多いと思いますが、その魅力のひとつに「食べ応え」があると思います。満足感があるのにヘルシー、というのは嬉しいですよね。

お肉みたいでおいしいゼロミートも、食べていただく方にちゃんと満足してもらえるようなボリューム感で作られています。

たとえばハンバーグは140gで作られていて、夕食のメインディッシュにも活用していただける大きさです。「しっかり食べて、大豆の恵みで健康的に」。そんな想いが込められているんです。

理由5:「本物のお肉みたい!」食感や香りへのこだわり

毎日食べられる5つめの理由は、シンプルに「おいしさ」へのこだわりです。

まるでお肉を食べているような食感や香りにこだわりつつも、大豆由来のすっきり感を活かした味わいに仕上がっています。お肉が好きな人にとっても、お肉が苦手な人にとっても、新しい選択肢になる可能性を秘めているんです。

今日からでも簡単に始められる、お肉不使用のゼロミート生活。大豆ミートと一緒に、おいしく健康的な食卓を意識してみては?

この記事をシェアする

まめ知識 大豆ミート